茨城の寺院|観音参り・代理参拝なら玉里倶楽部が貴方に代わってお参りいたします。

玉里倶楽部
観音参りと竹炭の炎

茨城の寺院

菊蓮寺 常陸大宮市
807年に行讃上人が開山したという。蓮華の上に舎利があって菊の花が光り輝いた、という霊夢を見てこの地に開かれたという由来から寺名がつけられた。当初は天台宗だったようだが現在は浄土宗になっている。
かつてはこの一帯はかなりの霊場であったことは確かのようだ。もともとは役小角が開いた金砂山(かなさざん)に由来するという伝説が残るが、慈覚大師円仁が菊蓮寺よりも東側にあたるその金砂山一帯に、日光での信仰から伝播した天台道場を開いたとことが実質的な始まりのようだ。金砂山は東西に別れた霊場であったようだが、そのうち東金砂山には薬師如来が、西金砂山には日光の補陀洛信仰からの千手観音を本尊とする定源寺が別当寺院として置かれていたという。寺院および習合した神社は一大拠点をなしたようだが、徳川光圀の神仏分離政策によって寺院は追いやられていくことになった。
当地は拠点とした源氏の一派である佐竹氏に使われた。佐竹氏には、他国から攻められたとき、拠点の太田城が危うくなると金砂山にこもって戦う、という伝統があったそうだ。源頼朝によって攻められた金砂山の戦いの折、西金砂山の本尊であった千手観音は燃えてしまったという。

千手観音像全体
 茨城県下では二番目の大きさ(最大は石岡市の峰寺山西光院にある十一面観音菩薩立像)。

 この千手観音は先述の定源寺の焼けてしまった千手観音の代わりに造られた。しかし、水戸光圀の神仏分離の影響で廃寺となった定源寺から運び出され近隣にうち捨てられていた。大きな仏像が野良に転がっていたところを近隣の住民が運んでこちらへと収めたという。

 この観音はかなりキリリとした涼しい顔をされている。目が玉眼である。
白雲山小松寺 (東茨城郡常北町上入野3921)
真言宗 本尊:大日如来  
    如意輪観世音像(空海作 国重要文化財) 十一面観音(行基作)  平重盛墳墓

 開創は745年,行基が大御堂を建立した。史実として確証できるのは1180年に小松寺という寺号が記録として残っている。平肥後貞能が主君,平重盛の遺骨を埋葬し,弔うために出家した。1585年,観音堂と山門を残して焼失するが,水戸光圀の命によって再建される。


光明山無量寿寺 (鉾田市鳥栖1013)

浄土真宗 本尊:阿弥陀如来
     絹本着色拾遺徳伝絵(国重要文化財)   本堂・山門・鐘楼(県重要文化財) 
     親鸞御手植菩提樹(天然記念物)  
 
 鎌倉時代1221年,当地の地頭・村田刑部少輔平高時の妻が難産のために亡くなった。愛着の年が消えず毎夜姿を現すようになった。地元の人は怖れをなし,参詣の人もいなくなり破院無住となってしまった。そこに鹿島神宮のために当地を通過していた親鸞が当院を訪れ,念仏を唱えて迷える幽霊を往生させた。親鸞はこの地に3カ月滞在した。これを機に浄土真宗に改宗した。

PageTop